道徳公開講座〜墨田区言問小学校〜

こんにちは

教育コンサルタントの品田奈美です

 

 

’’いじめのない社会’’の実現のために、全く新しい思考方法である「いじめが終わる方程式」をお伝えしています。

 

 

 

昨日は、東京は墨田区の言問小学校の道徳授業地区公開講座を担当してきました。

 

曳舟駅より徒歩10分という小学校で、東京スカイツリーがドーンと目の前にそびえ立っており、まるでお上りさん状態の私になってしまいました(笑)

 

今年で創立81年目を迎える言問小学校は、太平洋戦争の時にも奇跡的に戦災に会わず当時の校舎がそのまま残っており、防空壕まであるという副校長先生からの説明を聞いた時には、本当に驚きました。

 

 

写真を沢山撮ってきたので、掲載させといただきます

板張りの階段は、ギシギシと音がして、懐かしい感覚になりました。

応接室は、歴史を物語る写真が沢山飾らせていました

本当に歴史を感じる校舎で、とても感慨深いものがありました。

 

 

そんな歴史ある学校で、道徳授業を担当させていただけたことに、感謝と同時に色んな想いがこみ上げてきました< /p>

 

 

今回の講演は、保護者と教師対象の「子どもの可能性を引き出すかかわり」と題した内容をお伝えさせていただきました。

校長先生と副校長先生

学校側が、毎年の参加者数を想定し準備していた椅子の数が足りなくなり、追加するほど沢山の保護者の方々が聞いて下さいました

 

 

大人の講演会では50分という短い時間帯の中で、どこまでお届けできるか、、、ということで、とにかくポイントを絞って端的にお伝えさせていただきました。

新しい思考様式に戸惑いながらも、お母さん方は懸命に聞いて下さり、講演後は、もっと聞きたかったーという声を沢山いただきありがたかったです

 

 

次回の東京での道徳授業は、杉並区立の小学校です

 

 

今週末は、法務省の「社会を明るくする運動」西京区保護司会主催による講演を担当させていただきます。

 

 

一人でも多くの子どもの命を守れることを願い、私ができることを懸命にさせていただきたいと思います。

 

応援下さる皆々様に、心より感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です