道徳授業地区公開講座〜杉並第三小学校報告〜

こんにちは

教育コンサルタントの品田奈美です

 

 

2月16日の土曜日は、

杉並区立杉並第三小学校にて

道徳授業地区公開講座を担当

させていただきました

 

 

 

 

寒い寒い体育館での授業は、

子どもも、私も大変でしたが

楽しい授業ができました

 

 

しかし

 

 

間違いなく、子ども達は、

体育館に直座りですから

寒かったことと思います

 

 

 

 

私は、地方でも同じように

道徳授業を担当しますが、

地方ほど、暖房設備が完備

されているので暖かいのです

 

 

東京が、一番寒いんでーす!!

 

 

 

また、保護者も、予想以上に

少なかったことは、

少し残念でもありました

 

 

 

 

保護者の参加率は、色んな学校に

行きますが、本当にすごい差が

あります

 

 

 

びっくりするぐらい差がはっきり

しているので、これも、面白さの

1つとして見ています

 

 

 

なんとな〜く、その差の理由は

私的には、解析できていますが

内緒にしておきます(笑)

 

 

 

全国の学校に行くからこそ

見える絶対的な差・・・

 

 

 

これも、絶対法則ですね

知りたい方は、個人的に

どうぞ(笑)

 

 

 

さてさて。。。

講演内容は、今回の対象は、

4・5・6年生

 

 

いつも通り、沢山のキャッチボール

をしながら、授業を進めていきました

 

 

とても、素直な子ども達

 

 

 

 

感じることをストレートに表現

できる力は、まだ大丈夫そうでした

 

 

 

最近の子ども達は、

感じることを表現する力が

少し低迷しているように

感じています

 

 

 

感じることよりも、状況や情報しか

答えられない子どもが増えています

 

 

 

状況や情報を答えられることも

確かに大切ではありますが

 

 

 

自分の気持ちをきちんと

受け取れること

 

 

 

自分の気持ちをきちんと

表現できること

 

 

 

これが、これからの時代には

特に大事なこだと

私は思います

 

 

 

自分の気持ちを理解できる

からこそ、

相手の気持ちを理解できる

 

 

 

思いやりの心を成長させたい

のであれば、

自分自身の気持ちを

受け取れる力をつけること

 

 

 

これが、重要です

 

 

 

次回は、今週末の東京講演です

すでに定員を上回り

100人を超えています

 

 

予備の椅子を準して定員を増やし対応中

 

 

参加希望の方は、とにかく

お早めにお申し込みください

 

 

 

 

 

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です